「大活躍!働く車 広重“名所江戸百景 高輪うしまち”」

初回放送日: 2022年9月20日

浮世絵の世界をのぞいてみれば、江戸のリアルなくらしが見えてくる。海を背景に、木の車輪が大きく描かれた不思議な絵。その絵からは、荷車を引く男たちの心意気が…。 江戸時代にも“働くクルマ”があった!絵いっぱいに描かれているのは、大きな車輪。牛車(うしぐるま)という、牛が引く荷車の車輪だ。ここは東京湾が目の前に広がる高輪の海辺。牛車は、荷物運びだけでなく、幕府の工事やお祭りの山車など、大活躍の働くクルマだった。沖合いに目を転じると、船の間に見えるのは、お台場。ペリーの黒船来航後に作られた砲台だ。実は、このお台場と、牛車には、意外な関係があった。それは…?