ニュース速報

「ひらめのパピヨット」

昭和43年10月8日は、気分が変わる「ひらめのパピヨット」。紙包み焼きだ。でも、ひらめ以外、何を包んだかは書かれていない。今回はにんじん、紫たまねぎ、トマトで彩りよく。包む前にバターで香ばしく焼く。沢村貞子さんが一番大切にしていたのは毎日の暮らし。寝て、起きて、食べて、読んで、考えて…。まわりの人たちと優しくいたわりあう生活。そのためにせっせと働くのだと。さあ、ホカホカの包みを開けば、至福の時間。