ニュース速報

    「魚すき」

    昭和61年2月19日に記された「魚すき」。いわば魚のすき焼き。なじみのある人はあまり多くない?沢村貞子さんはまぐろやいか、きすなどの魚と、ほうれん草やねぎの野菜、そしてかまぼこや生麩(ふ)を入れていた。今回は、ほうぼうとアナゴも。つけだれは卵に大根おろし、かぼすをギュッと。初めての味!日記にはほかにも焼餅鍋やねぎま鍋、ちくわの柳川鍋など貞子さんの鍋料理がいろいろと。いつもの鍋に飽きたら、お試しを。