ニュース速報

    「かにと納豆」

    昭和62年3月15日は「松葉がにの三杯酢」そして「納豆汁」。かにの脚の身は三杯酢で。かにみそはそのままでもおいしいけれど、卵とじにして“もう一味”を試みる。やさしい風味。沢村貞子さんは納豆が大好物だった。朝は、熱いごはんにきざみねぎと卵、からしをまぜた納豆があればご機嫌。すり鉢でよくすった納豆とねぎ、油揚げを入れた納豆汁もまた結構なもの、と記している。思ったよりサラサラな納豆汁。明日もがんばろう。