ニュース速報

    「風刺画は 世のため 人のため〜ミャンマー〜」

    初回放送日: 2020年6月29日

    2011年に民政に移管したミャンマーでは、風刺画が人気を集めている。庶民の目線で政治や社会の問題をユーモアや皮肉を交えて批判する風刺画家たちの活動と思いを見る。 ミャンマー最大の都市ヤンゴン。新聞社や出版社が集まる地区の喫茶店は、風刺画家たちの情報共有の場所となっている。ミャンマーでは、1960年代から半世紀に渡って軍政が続き、言論の自由は厳しく制限されていた。2011年に民政に移管し検閲が廃止され、風刺画が新聞や雑誌を賑わすようになった。しかし、今も何でも自由に表現できるわけではないと言う。ミャンマーの風刺画家たちの作品とそこに込めた思いを見つめる。