ニュース速報

選「アジアゾウを森にかえす〜ラオス〜」

初回放送日: 2020年8月24日

ラオス北西部にある「ゾウ保護センター」は800頭ほどに減ったアジアゾウを保護し森にかえす試みを続けている。代表のセバスチャンさんとスタッフの取り組みを見つめる。 ラオスはかつて国土の70%が森林に覆われ、多くのアジアゾウが生息していた。しかし、森林伐採や象牙目当ての密猟で激減し、現在800頭ほどしか確認されていない。こうした中、ラオス北西部にあるNPO「ゾウ保護センター」は、森林伐採の現場で過酷な労働を強いられてきたゾウを引き取り、野生を取り戻す訓練を行い、森にかえして繁殖させる試みを続けている。代表のセバスチャンさんとスタッフの取り組みを見つめる。