ニュース速報

「韓国 ダンボールを拾う高齢者たち」

初回放送日: 2020年5月18日

高齢者の貧困が深刻化する韓国。社会保障制度の遅れ等により6割が無年金で受給者の年金額も低い。高齢で職も無い人々は段ボールを拾って日銭を稼ぐ生活を選ぶしかない。 韓国でしばしば見かけるダンボールを拾う高齢者たち。彼らはホームレスでは無く、定年まで働き続けたものの職や年金が無い高齢者たちだ。ダンボールを1日拾っても日本円で360円。韓国の最低賃金の時給の半分にも満たない。車道を通るリヤカーの交通事故も絶えない。それでも家族のため、自分のために段ボールを拾う高齢者たち。その数は6万人を超えるという。伝統的な家族観や社会保障制度の遅れに翻弄される高齢者を追う。