「激闘・十番勝負〜天才棋士 呉清源の回想〜」

    初回放送日: 2021年12月14日

    呉清源は中国で生まれ、幼いころから碁の天才少年と騒がれた。1928年に来日してからは日本で棋士として活躍し、新しい布石を次々と開発するなど囲碁の発展に貢献した。その強さが際立ったのは十番碁の勝負で、本因坊などの実力者を相手にほとんど負けなしであった。一方で、人生は波乱の連続で、日中戦争が始まる中での勝負では脅迫状が舞い込んだ。呉清源、そして対戦した棋士たちへの取材でつづる激闘の記録である。