「かぎりなくやさしい日々のために 星野富弘・花の詩画集」

初回放送日: 2022年5月24日

「苦しみによって苦しみから救われ、悲しみの穴をほじくっていたら喜びが出てきた」…事故で脊髄を損傷し首から下が動かなくなった星野富弘さんは、花の絵に詩を添えた詩画集を次々と世に送り、多くの人の心をとらえている。詩画集は、妻の昌子さんが絵の具をといて筆につけ、星野さんが口にくわえて時間をかけて描く。その画と詩にひかれた女優の樫山文枝さんが星野さん夫妻を訪ね、作画や散歩に付き添いながら思いを伺った。