ニュース速報

「蒲田・町工場物語」

数千の町工場が軒を接する街、東京・蒲田。熟練した多様な技術を持つ職人たちが集い、「ものづくり」日本を根底で支えてきた。しかし、1987年(昭和62年)の春、この街に激しい経済変動の波が押し寄せていた。円高不況、失業、廃業、地価高騰など、不安と迷いの中で、人々は懸命に生きる道を模索する。最後に、町工場のメンバーが集まったバンドが演奏する曲「世界は日の出を待っている」が街を励ますように響く…。