ニュース速報

最新のエピソード

Eテレ
9月13日(日) 午後2:00 午後2:30

宝井琴梅さんの講談「鉢の木」をお送りします(令和2年6月21日(日) 収録)【あらすじ】北条時頼は鎌倉幕府第5代執権で、名君と言われた人。晩年、出家・引退して諸国を行脚した。下野国佐野で大雪にみまわれ、ある家に一夜の宿を乞う。主の源左衛門は、近在のものに人の道を説いて慕われている人物。貧しいながら心を込めてもてなしてくれ、今は零落しているが「いざ鎌倉」という時は、はせ参じて力を尽くしたい…と語る

見逃し配信

    次回のエピソード

    • Eテレ
      9月20日(日) 午後2:00 午後2:30

      第407回NHK上方落語の会から桂米團治さんの口演で落語「本能寺」をお送りします(2020年9月3日(木)NHK大阪ホールで収録)。【あらすじ】:芝居噺のなかでも数少ない、お芝居の一幕を見せようという趣向の噺(はなし)。中身は、明智光秀が本能寺で織田信長を殺した事件をお芝居にした「三日太平記」。幕が開くと本能寺の塀外。土塀が左右へ引かれると小田春永が出てくる。そこへ花道から武智光秀が登場して…。

      9月20日ほか 放送予定へ

      見逃し配信

      • Eテレ
        9月13日(日) 午後2:00 午後2:30

        宝井琴梅さんの講談「鉢の木」をお送りします(令和2年6月21日(日) 収録)【あらすじ】北条時頼は鎌倉幕府第5代執権で、名君と言われた人。晩年、出家・引退して諸国を行脚した。下野国佐野で大雪にみまわれ、ある家に一夜の宿を乞う。主の源左衛門は、近在のものに人の道を説いて慕われている人物。貧しいながら心を込めてもてなしてくれ、今は零落しているが「いざ鎌倉」という時は、はせ参じて力を尽くしたい…と語る

        その他のこれまでのエピソード

        この番組について

        「日本の話芸」は、当代一流の演者による「落語」「講談」を毎回一席ずつ紹介する番組です。「東京落語会」や「上方落語会」などで収録する選りすぐりの東西の話芸をじっくりお楽しみください。

        放送

        • Eテレ
          毎週日曜 午後2時

        再放送

        • Eテレ
          毎週月曜 午後3時
        • 総合
          毎週土曜 午前4時30分