ニュース速報

    桂文楽 落語「悋気の火の玉」

    桂文楽さんの落語「悋気の火の玉」をお送りします(令和3年1月15日(金)霞が関イイノホールで収録)【あらすじ】「悋気(りんき)」とはやきもちのこと。立花屋の旦那は堅いので評判だったのだが、仲間に連れられ吉原に行って以来すっかり遊びにはまってしまう。ついに、なじみの女を身請けして根岸に妾宅を構えることにした。これが本妻にばれてしまったのでたいへんなことに…▽師匠、八代目文楽の思い出もたっぷりと。