ニュース速報

    林家正雀 落語「紙屑屋」

    林家正雀さんの落語「紙屑屋」をお送りします(令和2年7月31日(金) 収録)【あらすじ】勘当され、出入りの職人の家に居候をしている若旦那、一日中寝てばかりなので、ひんしゅくを買っている。なんとか働かせようと、紙くずをより分ける仕事をさせられることに。ところが、くずの中から川柳やら都都逸やらの本が出てくるので、道楽者の血が騒いで、いっこうに仕事が進まない。ついには芝居の本が出てきたので…