ニュース速報

    神田陽子 講談「応挙の幽霊画」

    神田陽子さんの講談「応挙の幽霊画」をお送りします【あらすじ】江戸時代、幽霊画の大家・円山応挙が修行時代のこと。応挙は長崎で、薄雲という花魁から身の上話を聞くことになった。「子どものころにかどわかされ、流れ流れて遊郭に…今は病に冒され店の者からも邪険にされている」と。応挙はその姿を下絵に描くが、まもなく薄雲は亡くなってしまう。京都に戻った応挙は、馴染みの甚兵衛夫婦の茶屋を訪れるがここで…