ニュース速報

    三遊亭遊三 落語「宿屋の富」

    第718回東京落語会から三遊亭遊三さんの「宿屋の富」をお送りします(平成31年4月19日(金) 東京・虎ノ門 ニッショーホールで収録)【あらすじ】馬喰町の汚い宿屋にとまった男。宿の主人に、自分はたいへんな大金持ちで、金がありすぎて邪魔だ、家では千両箱が漬物石がわりだ、などと語る。主人が内職で富くじを売っていることから成り行きで一枚買うが「当たっても金などいらぬ、主人に半分やる」と言うのだが…