ニュース速報

    柳家小満ん 落語「富久」

    柳家小満んさんの落語「富久」をお送りします(令和2年12月18日(金)霞が関イイノホールで収録)【あらすじ】幇間(ほうかん)の久蔵は「松の百十番」という富札を買い、神棚の中にしまっておく。半鐘の音で夜中に起きると、ひいきの旦那の店のあたりが火事、酒でしくじった久蔵はばん回のチャンスとあわてて駆けつける。火事は無事に収まり、見舞酒をたっぷり飲んで寝ていると、今度は久蔵の家のあるあたりが火事だと…