(102)

    元子(原日出子)の家に順平(斎藤建夫)が突然やって来る。ひと月近く、徳島で記録映画を作っていたという。テーマは藍だった。藍玉職人のじいさんを追いかけているうちに触発され、1年間あちこち旅して、職人の世界を追ってみるつもりだという。自分が宗俊(津川雅彦)に言うとケンカになるのは目に見えているから、元子と正道(鹿賀丈史)に間に入って欲しいという順平に、元子は宗俊に直接話して許可を得るよう諭すが…。