(103)

    元子(原日出子)が応募した童話が新人賞の第二次選考に残った。モンパリの洋三(上條恒彦)と絹子(茅島成美)は、早くも大喜びで、元子自身も浮足立ったが、その後、朗報は届かなかった。大介(中村雅紀)が、お母さんはこりずに応募する、とヒヤかすと正道(鹿賀丈史)は、そういう態度はお母さんに失礼だと叱る。参加するだけでも意義があると強がっていた元子だが、週刊誌の懸賞手記募集「私の八月十五日」を見つけて…。