ニュース速報

    「よしあきの場合」

    モーツァルトのオペラ『魔笛』の登場人物・森で鳥を獲るパパゲーノは、信じた人とつながりを絶たれ死を決意する。しかし、ある出会いで思いとどまることに…「わたしはパパゲーノ」は「死にたい」けれども「生きてる」人たちの物語。今回の主人公は、よしあき(20)。不登校で家にいて、生きてる意味がないなと感じていた。モデルとして活動する今も「ネガティブだから気づける事がある。ずっとポジティブでいたいとは思わない」