ニュース速報

    「中川翔子の場合」

    モーツァルトのオペラ『魔笛』の登場人物・森で鳥を獲るパパゲーノは、信じた人とつながりを絶たれ死を決意する。しかし、ある出会いで思いとどまることに…「わたしはパパゲーノ」は、「死にたい」けれども「生きてる」人たちの物語。今回の主人公は、中川翔子(35)。学校での衝突やいじめで、心のとげが増えていった。落ち込んだとき、夜散歩したりチョコを食べたり猫と過ごしたり…少しずつチャンネルを変え続けて生きている