ニュース速報

    天皇陛下はじめての“一人旅” ~奥浜名湖 知られざる交流~

    昭和42年、当時7歳の浩宮さまが行かれた奥浜名湖への“一人旅”。様々な働く現場を見学後、民間の保養所に宿泊された。翌年からは毎年のようにご一家で奥浜名湖に滞在される。浩宮さまは湖で皇太子さまや美智子さま(現在の上皇ご夫妻)と泳ぎ、地元の子どもたちとも親しく交流された。美智子さまがこだわられたのは浩宮さまが特別扱いされないこと。奥浜名湖での旅にはどのような意味があったのか。貴重な映像と証言から探る。