『暴力教室』(Blackboard Jungle)

ライター 高田秀樹
2022年4月20日 午後2:10 公開

1955年

監督:リチャード・ブルックス
出演:グレン・フォード、ヴィック・モロー、シドニー・ポワチエ

リチャード・ダディエ(フォード)が教員として赴任したのは、ニューヨークの低所得者層の子たちが通う荒れた高校。初日の自己紹介の最中にボールを投げつけられるなど、生徒は手を付けられない状態になっており、対処すべき教員たちもあきらめムードだ。
リチャードは、黒人生徒ミラー(ポワチエ)と共にクラスを立て直そうとする。当初は理想の教育を目指していたリチャードだったが、妻アンへ危害が及んでしまったことで、教師を辞めると決心。だが、先輩教師やアンの言葉で教壇へ戻った彼は、クラスでも一番の不良であるウエスト(モロー)の反抗に対峙する。
日本でも、1970年代頃から校内暴力の問題が取り沙汰されるようになったが、社会のひずみはまず子どもたちの感情を蝕んでいくのかもしれない。後に「黒人最初のスター俳優」とされるシドニー・ポワチエの出世作。