ニュース速報

    2019冬 「ひかり1号が走った日〜JR東海道新幹線〜」

    鉄道にまつわる、心に“沁(し)みる”エピソードを取り上げ、紹介していく「沁(し)みる夜汽車」。昭和39年に開業した東海道新幹線「ひかり1号」のエピソード。 55年前、前回の東京オリンピックの開幕にあわせて東海道新幹線が開業。当時、世界最速の時速200キロで東京-新大阪間を走る新幹線には、戦後から復興した日本の夢がつまっていた。開業当日、東京発の一番列車「ひかり1号」を任された運転手。口には出さないが、相当なプレッシャーを受けていた。無事の運行を祈りながら、運転士の妻は、制服にワッペンを自ら縫いつけた…。ひかり1号にまつわる家族の心温まる物語をお届け。

    7月10日ほか 放送予定へ