ニュース速報

最新情報

  • ご視聴ありがとうございました。この番組は、NHKオンデマンドで、ご覧いただけます。
    2020年08月16日

最新のエピソード

8月15日(土) 午後6:00 午後7:30

そのピアノの持ち主には、どんな物語があったのか…。昭和20年広島。原爆で命を落とした女性の、ささやかで、かけがえのない人生に光を当てる。 終戦から75年、原爆の爆風で傷つきながらも修復された1台のピアノ。音楽を愛し、家族を愛した19歳の女性・河本明子さんの持ち物だった。今年、そのピアノを用いたコンサートが開かれる。演奏されるのは、明子さんをイメージして作られた曲「Akiko’s Piano」。世界的作曲家・藤倉大さんの手によるもの。残された日記をもとに、明子さんの人生をドラマ化。「ふつう」の人生を生きた、彼女の暮らしや思いを描く。

この番組について

終戦から75年、広島に投下された原爆によって命を落とした、ある女性の物語に光をあてます。 あの日、原爆の爆風を受け傷つきながら、奇跡的に残ったピアノ。 かつての持ち主は、河本明子さん19歳。 どこにでもいるような、家族を愛し、音楽を愛した、ひとりの女性でした。 彼女をイメージしてつくられた曲「Akiko’s Piano」が、今年8月、広島で世界初演を迎えます。 演奏に用いられるのは、明子さんが実際に使っていた、被爆したピアノ…。 明子さんの在りし日の姿を、日記や関係者の証言にもとづき、創作をまじえたドラマとドキュメンタリーで描きます。 【あらすじ】 昭和15年。広島県三滝町に暮らす河本明子(芳根京子)は、父・源吉(田中哲司)、母・シヅ子(真飛聖)、そして弟2人と仲良く暮らしていた。明子のよろこびは、大好きなピアノを演奏すること。ある日、彼女の夢を応援してくれた教師の竹内(町田啓太)のもとにも、召集令状が届き…。戦況が悪化していくにつれ、徐々に音楽から引き離されていく明子の生活。「勉強がしたい」、「もっとピアノを弾きたい」。そんな思いをよそに、勤労奉仕に駆り出される。そして昭和20年8月6日の朝も、父の反対をおして、作業のために街の中心部へと向かっていったのだった。75年後の広島。被爆したピアノが、明子の思いを奏でる。 脚本:田中眞一

  • 河本明子 (芳根京子)

  • 河本源吉 (田中哲司)

  • 河本シヅ子 (真飛聖)

  • 竹内茂 (町田啓太)

放送

  • BSプレミアム
    8月15日(土)午後6時
  • BS4K
    8月15日(土)午後6時

関連リンク