ニュース速報

    Akiko’s Piano

    そのピアノの持ち主には、どんな物語があったのか…。昭和20年広島。原爆で命を落とした女性の、ささやかで、かけがえのない人生に光を当てる。 終戦から75年、原爆の爆風で傷つきながらも修復された1台のピアノ。音楽を愛し、家族を愛した19歳の女性・河本明子さんの持ち物だった。今年、そのピアノを用いたコンサートが開かれる。演奏されるのは、明子さんをイメージして作られた曲「Akiko’s Piano」。世界的作曲家・藤倉大さんの手によるもの。残された日記をもとに、明子さんの人生をドラマ化。「ふつう」の人生を生きた、彼女の暮らしや思いを描く。