ニュース速報

「街のシンボルを解体せよ」

戦後、急速な経済成長を遂げた日本。豊かになりたいと願い、懸命に生きた人々を支えた「街のシンボル」が今、1つまた1つと役割を終え姿を消している。高知では築45年の水族館が。千葉ではスイカ柄の巨大ガスタンクが。そんなシンボルが解体される現場には世界に類を見ない、日本独自の技術が詰まっていた!現場を巡るのは芸能界きっての“重機王”城島茂と、“建築アイドル”伊野尾慧。いざベールに包まれた解体現場の世界へ!