ニュース速報

最新のエピソード

総合
2月23日(火) 午後6:05 午後6:34

「これからは つたなきペンも 夫と息子の 生きた証しを 残すためにと」震災で夫と息子を奪われた小畑幸子さん(享年85)が亡き家族を詠んだ短歌は千首以上。家族への思いを取材したいと連絡したが彼女は亡くなっていた。遺品整理を終えた家族に話を聞くと、ノート28冊分の手記があることがわかった。2011年3月。あの日の回顧録から手記は始まっていた。震災で家族を失った一人の女性の“生きた証し”を追いかける。

この番組について

“いま”という時代を 人はどう生きようとしているのだろう。 生きづらさを抱えながら、大切な何かを守りながら生きている人、新しい生き方を探す人・・・人知れず悩みながら前に進もうとする人々の姿から、私たち自身が生きていく手がかりを見いだしていくヒューマンドキュメンタリー。

放送

  • 総合