ニュース速報

    #22「カフカのお土産探し」

    シシド・カフカが選ぶアルゼンチンのお土産とは?インカの流れをくむ北部ならではの逸品を探して織物店へ。リャマの出迎えにテンションが上がったカフカは即決でお買い上げ アンデスの伝統的な布は、花や動物が色鮮やかに織り込まれている。かつては各家庭で手作りしたため、模様を見ると家畜や栽培している作物の種類、さらには住んでいる場所まで分かったという。無口な人が多いため、会話をしなくても物々交換の相手を探せる利点があった。一方、カフカが選んだのは現代的なグレーのショール。すると店主が重さをはかりはじめた!価格は毛糸の量と制作日数によるのだ。150gのショールの値段は?