“琴ノ若”の名にかけて 新大関の15日間

初回放送日:2024年4月12日

新大関として春場所の土俵にのぼる・琴ノ若。祖父は元横綱、父は元関脇、相撲一家の三代目だ。道半ばで土俵を去った父への思いを胸に戦った、15日間に密着した! 春場所へ向け、父・佐渡ケ嶽親方と二人三脚で相撲に磨きをかける琴ノ若。大関に届かなかった父の思いを背負い、新大関としての期待に応えることを誓う。そして迎えた春場所。思うような相撲が取れず序盤で2敗。さらに、勢いのある若手力士や先輩大関たちが琴ノ若に立ちはだかる。父と磨いてきた相撲で、新大関としての責任を果たすことはできるのか。相撲一家の宿命と戦った、15日間の土俵の舞台裏。語り 松重豊さん