ニュース速報

「私たちはふたりでもできる バドミントン福島由紀 廣田彩花」

バドミントン女子ダブルスで東京五輪金メダル最有力と言われる福島由紀と廣田彩花。五輪前哨戦で優勝もコロナの影響で選考レース中断、五輪も延期…波乱の日々を追った。 延期となった東京五輪。バドミントン女子ダブルスで金メダル最有力と言われるのが、福島由紀選手と廣田彩花選手だ。7年前にペアを結成、決して体格に恵まれているわけではないが、地道にコンビワークを高め、代表選考レースでトップを堅持。五輪の前哨戦と言われた3月の全英オープンを制した。しかしその後レースは中断、いま2人は難しい調整を強いられている。全幅の信頼を寄せるコーチとのトレーニング、波乱の日々を追った。