この番組について

18世紀以降、幾度となく大国が争い、戦場となってきたヨーロッパ。1億人以上の命が奪われた血塗られた大地。一体なぜ、ヨーロッパで戦争が続くのか。フランス、英国、そして18世紀初頭に新勢力として台頭したロシアが周辺国を巻き込み凄惨な地上戦を繰り広げる“戦争”を繰り返してきた。それは今の世界情勢とつながっている。土地の呪縛、避けがたい宿命の歴史をケンブリッジ大学の国際政治学の権威リチャード・ネッド・レボー教授と共にヨーロッパの衝突の起源を紐解いていく。国家が戦争する“動機と理由”国家が戦争の道を選択する裏に潜む感情を掘り下げていく。

直近で放送したエピソード