ニュース速報

最新情報

  • 次回は『小樽のガラス職人』 8月11日(火)夜11時15分~
    2020年08月06日

最新のエピソード

BSプレミアム
8月4日(火) 午後11:15 午後11:45

働く人を即興の歌で応援する番組。歌を作るのは、話題のフォークデュオHONEBONE(ホネボーン)。新型コロナ感染拡大をさけるため、在宅医療の現場をリモートで中継していただく。また看護師が撮影した看取りの風景には、死亡診断書を手渡しながら医師が家族に伝えた心のこもったメッセージが記録されていた。「最期まで幸せに過ごしたいし、過ごしてほしい」多くの人の願いが歌になる。(初回放送6月16日)

次回のエピソード

  • BSプレミアム
    8月11日(火) 午後11:15 午後11:45

    2019年の旅を再び。ガラス職人が作る作品はなぜ美しいのか?ある女性作家が涙ながらに語ってくれたエピソードが心を打つ。別の工房では下働きを続ける若者。ちょっと怖い先輩に囲まれて頑張っている、青春ど真ん中の甘酸っぱい理由とは?日本の漁業を支えたガラスの浮き球を発明したのは小樽の職人。その工房は、4代目が景気の波にのまれながらも必死に守る。作品が皇室に献上されたレジェンドも登場!そして歌が生まれた。

    8月11日ほか 放送予定へ

この番組について

スマホでいつでも見知らぬ人とつながれる時代…なのに、“本音を口にすること”が、難しいのはなぜ?そんな矛盾やもどかしさを胸に、HONEBONEの2人が、働く人たちが心の奥底に抱える“本音”をギターと即興の歌で掬い取ります!

  • フォークデュオ HONEBONE(エミリ、カワグチ)

    エミリ(ヴォーカル)とカワグチ(ギター)の男女フォークデュオ。 東京・高円寺で結成、2014年より2人組としての活動を開始し、アコースティックギターと歌のみのスタイルで、日本語にこだわった生々しい歌詞を歌う。 老若男女が集うLIVEは、「ギター漫談」とも評されるエミリのMCと「顔面ギター」カワグチのパフォーマンスで笑いあり涙あり、「ネガティブなのにスカッとする」と評判を呼ぶ。

  • 語り 森本レオ (俳優・ナレーター)

    1943年、 愛知県名古屋市出身。 67年「高校生時代」(NHK)で本格的に俳優デビュー。68年東海ラジオの深夜放送『ミッドナイト東海』のDJとして、一躍若者の支持を得る。以降、その飄々とした人柄で、幅広いキャラクターを演じ活躍している。 また、その独特の穏やかで優しい語り口で、ナレーターとしても人気を得る。

放送

  • BSプレミアム
    毎週火曜 午後11時15分

再放送

  • BSプレミアム
    毎週金曜 午後0時30分