ニュース速報

    「冬の水族館・前編」

    2020年2月、水族館は一年で最もお客さんが少ない時期だ。それでも飼育員たちは、700種、12万もの生きものたちを世話をしながら、必死でお客さんたちを楽しませる。舞台裏で50度のお湯をかぶりながらイルカショーを演じたり、この時期水面近くまで上がってくる深海の珍しい魚を仕入れに港まで出向いたりする飼育員たち。楽しい空間を生み出すための見えない思いを聞くHONEBONE。そして渾身の歌が生まれた!