「メルボルン Episode7」

初回放送日: 2019年2月4日

イギリス出身のフードライター兼料理人レイチェル・クーがオーストラリアのメルボルンへ。2か月間メルボルンで暮らし、レシピのヒントを得てレイチェル流料理を披露。 今回は近郊のダンデノン丘陵とヤラバレーを訪れる。まず、緑豊かな丘陵地帯にあるキノコ農場へ。そのシイタケを使った「キノコとカリフラワーのグラタン」を作る。続いて地元のニジマス養殖場へ行き金色のニジマスを釣り、アルゼンチン料理のレストランで、料理長のマウロと、「ニジマスの塩釜焼き、ライムリゾット添え」を作る。さらに丘陵地帯の果樹園を訪問、ネクタリンを使った「スペルト小麦とネクタリンのタルト」を作る。

  • 番組情報
  • その他の情報
  • 詳細記事