お知らせ

この番組について

時は1800年代の初め。森口慶次郎は、一人娘の三千代を祝言の直前に不幸な事件で失い、娘婿となるはずだった晃之助を養子に迎える。それから3年後、晃之助に家督を譲り、嫁の皐月を迎えて隠居し、根岸の里で商家の別荘の寮番(管理人)になる。男に遊ばれて自害した最愛の娘を弔い、心に背負った傷を癒すための、慶次郎の第二の人生がはじまる…。 定町廻り同心のご隠居、仏の慶次郎が、江戸の庶民の哀感に寄り添いつつ、悩みや揉め事をひもといていく、一話完結の日記帳。傷を背負った人々が、互いの孤独を癒しつつ、それぞれの明日を生きていく。 【原作】 北原亞以子「慶次郎縁側日記」シリーズ 【脚本】 宮村優子 山本むつみ 【音楽】 川崎真弘 【語り】 安達祐実 【初回放送】 「慶次郎縁側日記」 2004年8月27日から10月29日 総合「金曜時代劇」にて放送

出演者・キャストほか

  • 森口慶次郎 (高橋英樹)

    元南町奉行所・定町廻り同心、酒問屋「山口屋」の根岸の別荘の寮番

  • 森口(岡田)晃之助 (比留間由哲)

    慶次郎の養子・岡田家より養子入り

  • 森口(神山)皐月・語り (安達祐実)

    晃之助の妻・神山家より嫁入り

  • 辰吉 (遠藤憲一)

    慶次郎から、晃之助のお手先になる

  • 森口三千代 (岡本綾)

    自害した慶次郎の一人娘

  • しづ (梅沢昌代)

    皐月の乳母

  • 蝮の吉次 (奥田瑛二)

    北町奉行所同心のお手先

  • 佐七 (石橋蓮司)

    根岸の寮の飯炊き

  • お登世 (かたせ梨乃)

    料亭「花ごろも」の女将

直近で放送したエピソード