ニュース速報

最新情報

  • 早見沙織さんメッセージ
    2020年08月13日
  • 花江夏樹さんメッセージ
    2020年08月13日
  • 花澤香菜さんメッセージ
    2020年08月13日
  • 木村多江さん×おざわゆきさん対談
    2020年08月07日

最新のエピソード

BSプレミアム
8月14日(金) 午後9:59 午後10:58

漫画家のおざわゆき(木村多江)は、50歳を目前に初の連載マンガを手がける。テーマは、当時12歳の少女だった母の戦争体験。さっそく、編集者の佐藤(桐山漣)とともに、名古屋に住む母・あい(吉行和子)を取材する。当時も恋愛や家族のだんらんがあったことに、ゆきと佐藤は驚くが、それも、空襲で一変する。火の海と化した街…。だが、あいは、家族とともに必死に生き抜いていた。漫画を織り交ぜて描く新感覚ドラマ。

この番組について

女性漫画家が、当時12歳だった母親の戦争体験を作品として完成させるまでの日々を描いた番組です。主人公のモデルは、日本漫画家協会賞コミック部門大賞を受賞した「あとかたの街」の著者・おざわゆきさん。マンガを随所に織り交ぜながら進行する新感覚のドラマ! 【原案・漫画提供】おざわゆき(「あとかたの街」) 【脚本】政池洋佑 【あらすじ】 マンガ家のおざわゆき(木村多江)は、50歳を目前にして初の連載マンガを手がけることになった。テーマは、当時12歳の少女だった母の戦争体験。さっそく、編集者の佐藤(桐山漣)とともに、名古屋に住む母・あい(吉行和子)を訪ねて取材を始める。あいが語り出したのは、まさかの“恋バナ”。戦時中とは言っても、恋愛があり、家族のだんらんもあったことに、ゆきと佐藤は驚く。しかしそうした“当たり前の暮らし”は、空襲によって一変する。親友も好きな男子も命を落とした。その記憶を母にどこまで聞いていいのか悩むゆき。意を決して名古屋に向かう。そこで語られる現実は想像以上の過酷さだった。火の海と化した街・・・。だが、あいは、家族とともに必死に生き抜いていた。 【マンガパート】 主演の少女・あい(花澤香菜) あいが思いを寄せる男の子・洋三(花江夏樹) あいの親友・花役(早見沙織)

  • おざわゆき (木村多江)

    高校1年で漫画家デビューを果たしたが、その後プロの世界の高い壁にぶち当たっていた。しかし50歳を目前にして、マンガ雑誌での初の連載が決まる。テーマは、名古屋で暮らす母・あいが体験した戦争。後世に戦争の記憶が伝わる作品にしようと決意する。

  • 編集者・佐藤 (桐山漣)

    大手出版社・憩談社で働く27歳の編集者。派手なファンションを好むイマドキの若者である。ある日、編集長から、「おざわ先生の初連載マンガの担当編集者になれ」と命じられる。戦争にはほとんど興味はなかったが、ヒット作を生むチャンスにしようと野心を抱き、ゆきと行動を共にする。

  • おざわあい (吉行和子)

    名古屋に住む81歳。名古屋大空襲を12歳の時に目の当たりにしている。親友や好きな男子が亡くなるなど、つらい記憶も多く、これまで戦争体験については口を閉ざしてきた。娘・ゆきから取材依頼を受けた時も最初は消極的、しかし次第に壮絶な過去を語り出す。

放送

  • BSプレミアム
    8月14日(金) 夜9時59分

関連リンク

※下記はNHKサイトを離れます