お知らせ

  • 【取材後記】「ゲームの遺伝子解析記録」を公開中!
  • 【動画公開中】ナレーション・神谷浩史がゲーム愛と番組への意気込みを語る!
  • 【拡大SP放送記念】オンライントークイベント・ダイジェスト動画を公開中!

これからのエピソード

最近放送したエピソード

この番組について

テレビゲームを“文化”として捉え、名作の魅力を深堀りするNHK初の教養番組!古今東西の作品を取り上げ、MCの本田翼や作品愛あふれるゲストがその奥深さに迫る。何がおもしろいのか、なぜ語り継がれるのか…開発者が作品に込めた思いも紐解き、”文化としてのゲーム”に秘められた奥深い世界へといざなう!

  • MC 本田翼 (俳優・モデル)

    ゲームを文化・作品として捉える番組コンセプトがとても興味深く、前回MCとして参加させていただきました。作品の魅力を深掘りするだけでなく、開発者の方の頭の中をのぞかせてもらえるような特別感、そして価値観がアップデートされていく感覚……まさに“ゲーム教養番組”として学びが多かったです。そして今回10月から新たにシリーズ放送ということで、引き続きMCをつとめさせていただくことになりました。私自身、プレイしてきた作品もあれば通ってこなかったタイトルもありますが、ゲームという文化の新たな側面とゲームの成り立ちを知ることができる番組として「ゲームゲノム」をお届けできればと思います。

  • ゲスト(『ワンダと巨像』『人喰いの大鷲トリコ』) 山田孝之 (俳優)

    今回紹介される作品の1つ、『人喰いの大鷲トリコ』は、主人公の“少年”と人を喰うと恐れられる“トリコ”が巨大遺跡を冒険するのですが、トリコがなかなかいうことを聞いてくれず、イライラするんです(笑)。プレイしながら自分の弱さを突きつけられて、何度も「いかんいかん」と気持ちを立て直す…自分自身と向き合う時間になりました。作品に熱中した本田さんと僕がどんな感情で向き合っていたかを見ていただけたら、ゲームにあまり親しんでこなかった方も、ゲームに対してのイメージが変わると思いますし、「こんなゲームもあるんだ」「こんな感情が生まれるんだ」と知っていただけたら嬉しいです。

  • ゲスト(『ワンダと巨像』『人喰いの大鷲トリコ』) 上田文人 (ゲームクリエイター)

    作品に込めた思いなどは、それぞれのプレイヤーの皆さんが自由に受け取ってくれたらいいのですが、ファンの方たちや番組を見てくださる方に情報を届けるには、どうしても言葉にしていかないといけないので、話しすぎていいものかと難しいところではありました。ただ、自分が手がけたゲームを、実際に遊んでくれた方と直接お話することがあまりなかったので、貴重な経験になりました。作品のプレイ体験が、遊んでくれた方々の日常生活を頑張るきっかけの一つになってくれれば本望です。

  • ゲスト(『ペルソナ5』) 野田クリスタル (お笑い芸人)

    収録を終えて、まずNHKでこんなにがっつりゲームの話をするのが新鮮というか…「すごいことやってるな」と思いました。加えて、一つのゲームをここまで語れることのうれしさも感じましたね。というのも、プライベートでも仕事でも、たまにゲームに例えて壮大なことを言ってしまうんです。例えば「このゲームの物語は人生そのものだ!」とか「格闘ゲームに、その人の人間性が出るんだ!」とか。で、周りが「ポカン」とすることもあって(笑)。でも、この番組は出演者もスタッフさんも頷いてくれるんですよ(笑)。僕はゲームの経験値をお笑いに生かしてきた人間なので、視聴者の皆さんにもゲームのプレイ体験がそれぞれの生活や仕事を頑張る存在になりうる、ということを感じてほしいですね。

  • ゲスト(『ペルソナ5』) 橋野桂 (ゲームクリエイター)

    スタジオ収録は、すごく緊張したんですが、本田翼さんと野田クリスタルさんが「ペルソナ5」を本当に好きでプレイしてくれていたんだなっていうのが直に伝わってきて…アットホームな雰囲気の中でお話ができて楽しかったです。また、VTRもスタジオトークも、我々が作品に込めた根源的な部分を紹介してくれているという印象が強く残っていますね。これまでも様々なインタビューに答えてきましたが、この番組ならではの掘り下げ方があると感じました。それは「プレイヤーに何を感じてもらえるか」というゲーム体験の芯の部分です。それらを本田さんと野田さんが的確に言葉にされていて、クリエイターとして非常にうれしく感じました。その一端が視聴者の皆さんにも伝わってくれればと願っています。

  • ゲスト(『DEATH STRANDING』) 星野源 (俳優・音楽家・文筆家)

    ゲストとして参加させていただきましたが、30分番組なのに1時間半ほどトーク収録していたので、全く収まってないと思います(笑)。ゲームにはさまざまな魅力的な側面があって、ソフトによってそれらが全て違います。ゲームというとひとくくりの印象をお持ちの方も多いかもしれませんが、番組を見てゲームそのものに今までと違った印象を抱くかもしれないですし、そんな人が増えてくれたらいいなと思います。

  • ゲスト(『DEATH STRANDING』) 小島秀夫 (ゲームクリエイター)

    ゲーム業界に携わって35年になりますが、ここまでゲームの魅力を紹介してくれた番組は初めてなので本当にうれしいです。「ゲームは“良くないもの”」と感じている方にもぜひ見ていただきたいです。きっとその意識が変わると思いますよ。番組を通してゲームを好きになっていただいて、例えば「ダンスをやってみる!」でもいいので、最終的にはクリエイティブな活動へのきっかけにしてもらえたら本望です。

  • ナレーション 神谷浩史 (声優)

  • サウンドトラックの作曲者 下村陽子 (コンポーザー)

    大変光栄なオファーをうれしく思っております。ゲームというと、ついつい「ゲームばっかりし…!」とマイナスのイメージに捉われがちなのですが、ゲームにはとってもプラスの面があることや、ゲームをきっかけに素敵なことが起こる、そんなことをお伝えできたらと考えております。「ゲームゲノム」のオリジナル楽曲にはゲームで繋がる心、人間関係、未来、そんなことを考えながら作りました。私自身が持っているゲームに対する愛や思いやたくさんの思い出が音符になってくれているんじゃないかなと思っています。

放送

  • 総合