ニュース速報

    (53)「先生の醜聞」

    あぐり(田中美里)が長堀喜美子(岩本多代)に、エイスケ(野村萬斎)の書いた小説の雑誌を渡したことが発端で、世津子(草笛光子)の雑誌への出資を文潮出版が断ってきたのは、世津子の過去が関係していた。自分のせいで文潮出版が断ってきたと思ったあぐりは、長堀家へ謝りに行くが、世津子のことを悪く言われて、逆に口げんかしてしまい、世津子に謝る。エイスケは、自分の小説を売り込んでくれたことをあぐりに感謝する。