ミニ「長崎編」

    初回放送日: 2020年12月30日

    500種類以上もあるといわれる、地方色豊かな雑煮。長崎・島原で1年中食されているというソウルフード「具雑煮」を取材。夕食にもなるボリューム満点アレンジ雑煮も紹介 島原の乱で籠城した天草四郎らが作って食べたのが始まり、とされる島原具雑煮。土鍋で作り、魚介類や野菜、肉など十数種類の具が入ってボリューム満点。家庭や店によって、具もだしもさまざまだ。具雑煮に使われる地野菜「シロナ」の農家も取材。さらに雑煮をこよなく愛する料理人が、受験生にもぴったりの「365日の雑煮」を提案。トマトジュースと八丁みそを使って深い味わいを出す「牛鍋雑煮」のレシピを紹介する。