暮らしが変わる? 2024年問題 現場は今

初回放送日:2024年6月14日

ことし4月に運送業、建設業、医師の3業種で時間外労働の上限規制が始まり、暮らしに欠かせないサービスに支障が生じると指摘されている「2024年問題」を考える。 ことし4月、トラックドライバーやタクシー運転手、建設業、医師などの業種で時間外労働の上限規制が始まった。長時間労働の是正が期待される一方で、労働時間の減少によって暮らしを支える物流や地域医療などに支障が生じると指摘されている。これがいわゆる「2024年問題」で、どう対応するかが地域の将来を大きく左右するという。茨城県内への影響と対策について現場を徹底的に取材し、専門家とともに考える。