ニュース速報

「東京・伊豆大島 ヒイミサマ伝説」

初回放送日: 2020年6月18日

東京・伊豆大島の小さな集落に伝わる日忌様(ひいみさま)伝説。毎年1月24日の夜、人々は海から来る不思議な霊の災いを避けるため日没から夜明けまで家にこもり続ける。 東京・伊豆大島の東側、350人ほどが暮らす「泉津地区」では、毎年1月24日の夜、海から「日忌様(ひいみさま)」と言う霊がくると信じられている。江戸時代、島民のために悪代官を討ち、海に逃げ出し波に消えた25人若者たち。その霊を悼むための祭りが今も続く。若者と同じ数の25個の餅を作り神に備える一方、人々は災いを恐れ、日暮れ前に家に閉じこもり、霊が過ぎ去るのをひたすらじっと待つ。不思議な一夜の結末は?【旅人】高橋和也