お知らせ

  • プレミアムドラマ「風よ あらしよ」9月4日(日)夜10時放送スタート!

この番組について

伊藤野枝。大正時代の女性解放運動家。 100年前、筆一本の力で、結婚制度や社会道徳に真正面から異議を申し立てた。 あふれんばかりの情熱をただ一つのよりどころに。 「原始、女性は太陽であった」と書いた平塚らいてうへの憧れ、第一の夫、ダダイスト・辻潤との暮らし、生涯のベターハーフとなる無政府主義者・大杉栄との出会い…。 自由を求めて奔放に生き、文筆家としてさらに開花しようとしたやさき理不尽な暴力がわずか28歳の彼女の命を奪うが、貧困・ジェンダー格差など、現代に通じる社会矛盾に果敢に立ち向かったその生涯は、閉塞感に満ちた現在を、今改めて、強烈に揺さぶっている。 吉川英治文学賞を受賞した村山由佳の評伝小説を原作に、向田邦子賞受賞の矢島弘一が脚本を担当、吉高由里子が主人公・伊藤野枝を演じ、自由を守ろうと懸命に生きた一人の女性の“炎”を描く。 【原作】村山由佳 【脚本】矢島弘一 【音楽】梶浦由記 【出演】吉高由里子 永山瑛太 松下奈緒 美波 玉置玲央 朝加真由美 山下容莉枝 山田真歩 栗田桃子 音尾琢真 石橋蓮司 稲垣吾郎 ほか 【制作統括】岡本幸江 【演出】柳川強

出演者・キャストほか

  • 伊藤野枝 (吉高由里子)

    福岡の片田舎で育ち、貧しい家を支えるために押し付けられた結婚生活から逃げ出して上京。平塚らいてうの青鞜社に入り、結婚制度や貧困問題に真正面から立ち向かい、自由を求めて奔放に生きた女性解放運動家。

  • 大杉栄 (永山瑛太)

    日本を代表するアナキスト。自由恋愛を実践し、刃傷沙汰にもなるが次第に野枝とベストパートナーとなっていく。

  • 辻潤 (稲垣吾郎)

    翻訳家・思想家。日本のダダイズムの中心的人物。伊藤野枝の女学校の教師で、最初のパートナー。彼女の文才を見いだし、知の扉を開いた。

  • 平塚らいてう (松下奈緒)

    日本初の女性による女性のための文芸誌「青鞜」を創刊。「原始、女性は太陽であった」という言葉は、日本の女性解放運動の幕開けを象徴する言葉となる。

  • 渡辺政太郎 (石橋蓮司)

    「大逆事件」の前から大杉栄らと行動を共にした社会主義者。山梨県の貧しい家の生まれ。孤児院で働くなどして社会の歪みに目を向け社会主義者となった。同志の世話養成に力を尽くす。

  • 村木源次郎 (玉置玲央)

    大杉栄の「近代思想」に共鳴し、大杉の死に至るまでいつも傍にいた。掃除洗濯台などの家事、子供の世話など何でもやり、「源にぃ」と親しまれた人物。

  • 神近市子 (美波)

    津田英学塾で学び、青鞜社に参加し、その後東京日日新聞の記者となる。大杉栄らの「仏蘭西文学研究会」に参加し、大杉と恋仲に。その後「葉山日陰茶屋事件」を起こすことに。

  • 堀保子 (山田真歩)

    婚家から出戻り、親戚の家で厄介になっていた時に大杉栄と出会い、結婚。しかし大杉には定収入がなく、保子が「家庭雑誌」の編集をして活動を支え、入獄を繰り返す大杉を物心両面から支えた。

  • 甘粕正彦 (音尾琢真)

    関東大震災当時、憲兵大尉。震災直後に大杉栄、伊藤野枝らを憲兵隊本部に連行し殺害した、いわゆる「甘粕事件」を引き起こす。

放送

  • BSプレミアム
    2022年9月4日(日)よる10時スタート(全3回)
  • BS4K
    2022年9月4日(日)よる10時スタート(全3回)

関連リンク

※下記はNHKサイトを離れます

直近で放送したエピソード