ニュース速報

事件の涙

「未来を見せたかった〜児童養護施設長 殺害事件〜」

初回放送日: 2020年4月6日

東京の児童養護施設の施設長が、元入所者(22歳)によって殺害された事件。亡くなった大森信也さん(享年46)は、元入所者が社会に出た後も手厚い支援を続けていた。 去年2月、東京の児童養護施設で起きた施設長殺害事件。凶行に及んだのが、元入所者(22歳)だったことから大きな注目を集めた。取材を進めると、命を奪われた大森信也さん(享年46)は、元入所者が施設を出た後も、4年にわたって就職の斡旋や住まいの確保などに奔走、手厚い支援を行っていた事実が分かってきた。施設の子どもを「うちの子」と呼び、社会に出た後も支援を続けていた大森さんは、何を守ろうとしていたのか。