ニュース速報

「女は同じ物語(前編)」

山本周五郎の短編小説を5本シリーズでドラマ化。第4夜「女は同じ物語(前編)」。城代家老の子息・広一郎は、許嫁に見向きもしない女嫌い。案じた母は「綺麗な侍女をつければ、女に興味を持つだろう」と“紀伊”という侍女を広一郎につける。次第に紀伊を女として意識し始める広一郎。そして、紀伊が佐野要平という男からしつこく縁談を迫られ困っていることを知った広一郎は、意気揚々と解決に乗り出す。朗読・梶裕貴。