この番組について

日本を代表する高名な歌人のひとり、永田和宏さんが綴った実在の手記をもとに、不器用な男性と一途に人を愛した女性の青春を描くラブストーリー。 最愛の妻が亡くなったあと、若いころに綴られた日記が押し入れから見つかった。 そこには二人の男性の間で揺れ動く切ない恋心が、数々の短歌とともに瑞々しい筆致で綴られていた。夫は日記を頼りに、青春の日々を追想する心の旅に出る―。 【あらすじ】 細胞生物学の権威で、宮中歌会始の選者を努める歌人・永田和宏さん(75)は、妻であり同じく高名な歌人の河野裕子さんを12年前、ガンの闘病の末に亡くした(享年64)。 「たとへば君 ガサッと落葉すくふやうに私をさらつて行つてはくれぬか」 河野裕子 教科書にも掲載されてきたこの有名な歌は、若き日、煮え切らない態度の自分に対して河野さんが奮起を促した歌だと永田さん自身は解釈してきた。 ところが河野さんの死後、実家の押し入れから、彼女が結婚前に綴っていた大量の日記が発見される。その記述によって、実は「ガサッと」の歌が生まれた時期、河野さんは2人の男性との恋心で苦しい葛藤の日々を送っていたことが明らかになっていく。 「訊くことはつひになかつたほんたうに俺でよかつたのか訊けなかつたのだ」 永田和宏 ドラマは、永田さんが綴った手記をもとに、出会いから結婚までの2人の青春の日々を描く。 永田和宏さんを柄本佑さんが、河野裕子さんを藤野涼子さんが演じる。柄本さんが青年期と老年期の永田さんを、一人二役で演じるのも見どころの一つ。 【出演】柄本佑 藤野涼子 ほか 【原作】永田和宏「あの胸が岬のように遠かった―河野裕子との青春―」 【脚本・演出】 石澤義典(テレコムスタッフ) 【脚本・プロデューサー】 伊藤純 【制作統括】 東野真(NHK)柴田周平(NHKエンタープライズ)大伴直子(テレコムスタッフ)

出演者・キャストほか

  • 永田和宏 (柄本佑)

    【コメント】 今回、永田和宏という役を演じさせていただきました。永田先生って超有名だし、河野さんという方も超有名な方ですけれど、知っていらっしゃる方はこんな裏が、ミステリーが残っていたのっていうふうに楽しんでいただけると思いますし、今回知るという方はああ何か歌を読んでみようかなという、歌の魅力みたいなものを非常に発揮されているドラマだと思います。 あとは単純に年を取った永田先生が河野さんの描いた日記を読むことで、また新たな河野さんと出会い直し、かつ過去の二人を思い見つめ直すという風なドラマになっていますので、単純にお話としても楽しんでいただけますし、短歌の魅力も詰まった作品だと思います。あとは単純に永田先生と河野さんは本当に素敵な方だということは、このドラマを見たら伝わると思います。是非ともよろしくお願いいたします。

  • 河野裕子 (藤野涼子)

    【コメント】 今回はドラマとドキュメンタリーが合わさったような形で、実際に永田和宏さんもご出演されるんですけど、やっぱりそこにちょっと面白さがあると思うんですね。実際に私たちが青春時代を演じていて、その時のお話をされるという。その作り方も面白いですし、実際観てほしい青春のシーンがたくさんあるので、短歌を楽しみつつ、私たちの青春のシーンを楽しみつつ、そして永田さんのその時の言葉を聞いて、皆さんにより短歌の世界に浸って楽しんでいただければなって思います。 そして最後には、ご自分も短歌を作ってみようかなっていう気持ちになってくださる作品になっていると思うので、ぜひ皆さん見てください。

放送

  • BSプレミアム
    2022年6月6日(月)午後9:00~10:29
  • BS4K
    2022年6月6日(月)午後9:00~10:29

直近で放送したエピソード