ニュース速報
コムアイさん(アーティスト)推薦!

「人間とヒグマが共生し、銃を使わずに威嚇という方法でお互いのテリトリーを大事にする姿は、かつて世界中で見られた光景だったと思います。知床がユネスコ世界遺産に登録されたことで、自然保護の観点と伝統的な漁のはざまで倫理観が揺さぶられ、結論がでないところが面白かったです」

    NHKスペシャル 「ヒグマと老漁師〜世界遺産・知床を生きる〜」

    初回放送日: 2020年12月29日

    [この番組は12月29日(火)総合 午後1時5分から放送「このドキュメンタリーがヤバい!2020」で紹介する番組です] 世界自然遺産・知床にあるヒグマの密集地帯。ここに野生のヒグマを叱って追い払う84歳の老漁師がいる。この現場に密着して3年。ヒグマとの共存の秘密に迫った。 世界自然遺産・知床の海で、サケやマスをとってきた漁師の大瀬初三郎(おおせ・はつさぶろう)さん84歳。ヒグマが近づいてくると「こら!来るな!」と大声で叱りつける。すると、ヒグマは静かに去って行く。この半世紀、襲われてケガをしたことは一度もない。去年、ユネスコの委託を受けた調査団が知床を訪問。漁で使ってきた道路や橋を撤去するよう求めてきた。途方に暮れた大瀬さん。そのとき、不思議なことが起きた…。