「コロナ禍 大学生の本音」@日本経済大学

NHK
2022年4月15日 午後7:00 公開

一橋です。新企画「出張!バリサーチ」はご覧頂けましたか?

キャスターがみなさまのところにうかがい、直接本音やお困りごとを聞いていく新コーナーです。

1回目の「出張!バリサーチ」。訪ねたのは太宰府市にある日本経済大学。

大学生活と言えば、授業や部活動、アルバイトを通して、社会経験を積んでいく時期ですが、コロナの影響で様々な機会がなくなっています。どんな思いで毎日を過ごしているのでしょうか?

「今年の春やってみたいこと」や「今の悩み」を聞きました


倖歩さん(3年生 総務委員会 委員長)「去年はコロナ禍で新入生歓迎会とかできなかった。新一年生の交流の場を作ってあげたいです」

つばささん(3年生 学園祭実行委員)「出店やステージがあるザ・学園祭みたいな学園祭をしたいです。対面で!」

小雪さん(2年生 総務委員会)「グローバル系の学科に所属。本来なら留学にいくのだけど、コロナで“オンライン留学”に変更。現地留学にも行きたいけど、卒業までに達成できるか不安があります」。

この2年間、授業だけでなく、学園祭や語学留学まで「オンライン」開催。

実際に人と交流をしたり、実際に体験をしたりしてみたいと、話してくれました。


さらに、オンラインでの学校生活ならではの悩みも。

山田さん(3年生 学園祭実行委員)「オンライン授業を集中して受ける方法、知りたいです。家やし、緊張感が保てない。」

「わかる!!」と大いに共感。

そこで“集中できる環境作り”に詳しい 井上一鷹さんに対策を聞いてみることにしました。

そもそも、オンライン学習や会議は“集中状態”に持って行くのが難しいんだとか。

(井上さん)「家で仕事や学習をするときは「オン」に入るときと「オフ」に出るときのスイッチの切り替えが難しい。授業を受ける場合は、大学に到着するまでに時間をかけて徐々に気持ちをオンに切り替えていく時間があったが、家でオンライン学習をする場合は0秒で「オフ」から「オン」にしなくてはいけません。これに生理状態や心理状態がついていきません。」

スイッチを切り替えるために有効なのが「刺激」。

例えば、アロマオイルのにおいを嗅ぐ、顔にミストを吹きかけるなどして、自分に刺激を与えます。

ポイントは「オンにする刺激」と「オフにするときの刺激」は別のものにすること。

例えば、かおりでスイッチの切り替えをする場合は、オンにするときはミントのかおり、オフにするときはラベンダーのかおり、など使い分けると効果が高いそうです。

(井上さん)「この匂いをかいだから集中しなきゃ、集中をやめようとか、“自動化”することが大事」

大学生たちの“新常識”

学生たちは休みの日はどう過ごしているのでしょうか?

優真さん(2年生 学園祭実行委員)「動画見たり、ゲームをしたり、一人でカラオケに行ったり。1番歌ったときは9時間」

9時間!!?しかも、休憩無しで歌い続けたそうです。

優真さん曰く、一人カラオケは「モヤモヤした気持ち」を一人で発散するためにたどり着いた方法。

進学のためふるさと佐賀から福岡にやってきて1年。これまで福岡市内の繁華街に出かけたことがありません。

電車の移動や人の多いところにいくのが怖くて控えているそうです。

思っている以上にコロナウイルスの感染を拡大させないよう気をつけている様子がうかがえました。


人と会えない、集まれない生活の中、苦労するのが友だちづくり。学生たちの現実はというと・・・。

山田さん「今の大学生、2人組が多いと思います。固定した2人でずっとおるみたいな。」

つばささん「授業でできた友だちは一人」

小雪さん「自分から広げないとほんとに人と知り合えないみたいな感じだったので。
友だちを作るために大学の委員会に入ろうと思って」

裕理さん(2年生 学園祭実行委員)「こういう状況になってしまったからには、状況にあった集まり方をしていくしかないと思います」

なんとか人と関われるのが大学の運営活動や学園祭の実行委員。

友だちを作るために、活動に携わるようになったのだといいます。

コロナ禍の不安は?

最後に、コロナ禍での将来への不安を聞いてみました。

山田さん「コロナ禍に慣れたんで。コロナ前を知っていたら不安かも知れないけど。普通って感じです」

小雪さん「もう慣れました。この状況に」

今の3年生以下の学生たちは、いわゆる“普通の大学生活”を体験したことがありません。

その中で、最大限自分ができることをしようとするたくましさを感じました。


じっくりお話を聞いてみないとわからないことがたくさん。

今後も「出張!バリサーチ」では、皆さんのところにうかがい本音を聞いて参ります。

お困りごとや疑問がありましたら、こちらからお寄せ下さい。お待ちしています。

追跡!バリサーチ ホームページ