ニュース速報

まいにち 養老先生、ときどき まる 「春を思う」

解剖学者・養老孟司。「バカの壁」でも知られる知の巨人は、古都・鎌倉でどんな暮らしをしているのか?その鍵を握るのは御歳19歳の猫・まるだった。語り 上白石萌音。 解剖学者・養老孟司、82歳。「バカの壁」でも知られる知の巨人は、自然あふれる古都・鎌倉で生まれ育ち今も暮らしている。名刹を散策し、馴染みの喫茶店でプリンに舌鼓を打ち、庭を行きかう虫や動物に思いを馳せる日々。その傍らにはいつも、猫のまるがいる。ありふれた日常が、その独特な思考によって、少しだけ違って見えてくる。今を生きる賢人のモノの見方をひも解き日々を生きぬくヒントを発見する30分。語り 上白石萌音