“ガストロノミーツーリズム世界フォーラム”ってなに?

NHK
2022年12月9日 午後6:27 公開

12月12日から15日までの4日間。奈良市で、大規模な国際会議が行われます。

その名も、「ガストロノミーツーリズム世界フォーラム」。

ガストロノミーって何?どんなことを話し合うの?

どーもくんの疑問に、大仏ななみちゃんが答えます!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「ガストロノミー」は「美食学」。「ツーリズム」は「旅行」。

2つを組み合わせた「ガストロノミーツーリズム」は、「食文化を楽しむ旅」という意味合いで使われているんだよ。おいしい料理って、みんな大好きだと思うけど、この「ガストロノミーツーリズム」の場合、大事なのは料理を楽しむことだけではないんだ。その土地、その土地で、どうやってこの食材や食文化が育まれたのか、気候風土や伝統、歴史に触れることも大切にしているんだよ。「食」をきっかけに、その土地を旅してほしい、そういう意味も込められているんだ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

奈良は「ここが発祥の地」と言われている食材が多いよね。日本酒、そうめん・・・奈良県は、こうした食材を味わうのはもちろん、酒蔵とか、生産現場なんかを巡って、歴史や文化にも興味をもってもらう旅を、モデルとしてあげているんだ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

世界40以上の国と地域から、500人以上が参加する予定となっているんだ。会議を主催するのは、UNWTO(国連世界観光機関)。実は、奈良県に日本の出先機関があるんだよ。2015年から、ほぼ毎年開かれていて、今回が7回目だけど、日本での開催は、実は初めてなんだ。奈良は歴史も伝統もある土地柄だから、食だけじゃなく伝統とか歴史をテーマにしたこの会議が開かれるのはぴったりの場所だね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

食べ物や、観光って聞くと、楽しいことやおいしいことを思い浮かべちゃうよね!でも、難しい問題についても話し合うんだ。例えば、食品の廃棄、いわゆるフードロスの問題。今回の会議を主催する機関によると、世界中のホテルでは60%の食品が廃棄されて、観光産業全体で年間1000億ドル以上、日本円だと13兆円以上の損失を生み出しているということなんだ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

こうした課題などについて、何かいい対策がないか、参加した人たちが真剣に議論をするんだよ!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

12月14日には会議の参加者たちが、7つのグループに分かれて、県内の実際の観光ルートを回る予定なんだ。お茶の生産農家だったり、日本酒の酒蔵だったり、参加者たちを迎え入れる人たちも、海外から訪れる大勢の人たちに、奈良の魅力を知ってもらえるチャンスだと、意気込んでいるんだ。

奈良県の担当の方に話を聞いてきたよ!

奈良県MICE推進室 武中一美さん

「世界各国の食や観光分野の第一線で活躍している人が奈良県に集まり、直接、奈良の魅力を感じていただけるすごい機会になります。奈良だけでなく、日本のおもてなしのすばらしさを実感していただけるよう、県としても頑張りたいです」。

新型コロナウイルスの感染拡大で、奈良の観光の現場は、すごく人が減って、寂しい状態が続いていたよね。今回の会議をきっかけに、世界に奈良の魅力が伝わって、にぎわいが本格的に戻ってくるといいね。