(132)

    惣吉(川野太郎)の記憶が戻り、外川の浜は大騒ぎとなる。かをる(沢口靖子)は惣吉に再婚したことを告げたが、惣吉は黙っていた。惣吉は特高の久永(西岡德馬)の尋問を受け、フィリピンでの扱いを語る。入兆では、吉武家が何も言ってこない限り静観していようと決める。とね(草笛光子)や善吉(安藤一夫)も喜び、墓前で惣吉の無事を報告する。とねは惣吉に現在の様子を語る中で、かをるが再婚して双子を出産したことを伝える。